IWGP世界ヘビー新王者・ウィル・オスプレイ、5・29東京Dでのオカダ・カズチカ戦にらみ「最高の状態で戦おう」

4日の試合後、リング上でにらみ合った(左から)オカダ・カズチカ、鷹木信悟、ウィル・オスプレイ(新日本プロレス提供)
4日の試合後、リング上でにらみ合った(左から)オカダ・カズチカ、鷹木信悟、ウィル・オスプレイ(新日本プロレス提供)

 4日の新日本プロレス・両国大会で王者・飯伏幸太(38)を撃破し、IWGP世界ヘビー級王座を奪取したウィル・オスプレイ(27)が5日、オンラインでの一夜明け会見を開いた。

 春のシングル最強トーナメント「ニュージャパンカップ」優勝に続く新日最強のベルト獲得にブリティッシュヘビーと2本のベルトを両肩にかけ、笑顔で登場したオスプレイ。

 まず、IWGPヘビーとインターコンチネンタル(IC)2つのベルトを統一して誕生したIWGP世界ヘビーのベルトについて「たくさんのファンがこのベルトをまた二つに分けてほしいという希望を持っているのを知っているが、答えはノーだ。二つのベルトはもう過去のものにしなければならない。なぜなら私たちは新時代の選手たちだからだ。このIWGP世界ヘビーのベルトを新しい価値のあるものとしたい」ときっぱり。

 さらに保持するブリティッシュヘビーのベルトについても「英国出身の私だが、しばらく英国に帰って防衛することは難しいし、挑戦者もいない。日本で防衛戦を行い、このベルトのステータスを上げるためにもIWGPブリティッシュヘビーというベルトに変えることはできないだろうか」と新日サイドに提案した。

 さらに獲得したばかりのIWGP世界ヘビー王座についても「保持したからには、さらに価値を大きくしていきたい。新日だけでなく、他の団体の選手、誰でも自分が素晴らしいと思っている選手と対戦したい。WWEのスコットランド出身のドリュー・マッキンタイアとの対戦がかなうならやりたい」と現在、WWE王座に君臨するスコットランド出身の大物の名前も口にした。

 この日、初防衛戦が5月4日、福岡国際センターでの「レスリングどんたく」大会メインイベントでの鷹木信悟(38)戦に決定。さらに勝者が5月29日の東京ドーム大会でオカダ・カズチカ(33)の挑戦を受けることも発表された。

 「鷹木を私は2回倒している。本来はオカダと戦いたかったが、鷹木の(NJCでオカダを倒している自分が最初に挑戦という)主張も間違いではない。私自身、ファイティングチャンピオンとして、ベルトを相手の顔になすりつけて、誰も私に挑戦できないようにしたい」と話した上で「オカダも1月4日の(東京ドーム大会)あの時に私を殺すべきだった。そうしなかったから、今、私がこのベルトを獲得している。オカダよ。お互い万全でケガなく、東京ドームの戦いでは最高の状態で戦おうじゃないか。勝って、自分こそが新日本プロレスであることを証明してやる」とライバル2人に向かって呼びかけた。

 最後にカメラに向かって「なぜ、私が私なのか。他の選手とレベルが違うからだ。私が世界最高峰であることをこのベルトとともに証明する」と、堂々と言い切った。(中村 健吾)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請