【巨人】ウィーラー陽性確定、無症状も入院…保健所はベンチでのマスクなし会話を濃厚接触と指摘

4日のヤクルト戦、試合開始直前までベンチにいたが、交代となったウィーラー
4日のヤクルト戦、試合開始直前までベンチにいたが、交代となったウィーラー

 巨人は5日、ゼラス・ウィーラー内野手(34)が新型コロナウイルス陽性判定が確定し、都内の医療機関に入院すると発表した。

 ここまで打率4割5分2厘と開幕から絶好調だったウィーラーは、球団がスクリーニング目的で定期的に行っているスマートアンプ法によるPCR検査を3日の正午前に受け、この判定では陰性だった。

 だが、丸と中島の陽性判定を受けて4日に実施した2度目のスマートアンプPCR検査で陽性判定され、スタメンで発表されていた試合開始直前にメンバー変更で隔離。5日に改めて都内の医療機関で診察とPCR検査を受け、陽性判定が確定したため「特例2021」に基づき登録抹消となった。

 中島、丸、若林と同様に発熱やせき、味覚・きゅう覚の異常はなく無症状ではあるが、医師の判断に基づき都内の病院に入院した。

 管轄の保健所はこの日、チームに帯同しているスポーツ栄養士1人を濃厚接触者と認定。陽性の4選手以外で、選手には濃厚接触者と認定された選手はいなかった。

 保健所からは、2日のヤクルト戦(東京D)の試合中、丸と若林がベンチで隣に座り、マスクなしで会話した行為と、3日のヤクルト戦(東京D)の試合中に中島とウィーラーがベンチで隣に座り、マスクなしで会話していた行為などが濃厚接触にあたると指摘されたという。球団は今回の保健所の指摘を真摯(しんし)に受け止め、改めてチーム内に感染防止の意識を徹底するとしている。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請