【大学野球】中大・高橋隆慶が8回に代打勝ち越し3ラン リーグ戦初安打が殊勲の一発に

明治神宮野球場
明治神宮野球場

◆東都大学野球春季リーグ戦第2週第1日▽中大6―3亜大(5日・神宮)

 中大は1―3で迎えた8回、先頭の3番・古賀悠人捕手(4年=福岡大大濠)が左越え本塁打を放って1点差とした。その後、2死一、三塁から8番・石井巧二塁手(2年=作新学院)が中前安打を放って同点に。なおランナー一、二塁の場面で、9番打者の代打に高橋隆慶捕手(2年=明秀日立)が送られた。

 高橋は、2球目の真ん中直球を力強く振り抜くと、打球は高く舞い上がって左中間スタンドへ。自身のリーグ戦初安打が、勝ち越しの3点本塁打となった。

 「前の打者がつないで同点にしてくれたので、楽な気持ちで打席に入ることができ、ファーストストライクを全力で振ることを考えていました。バットの芯に当たったので外野は越えると思いましたが、打球が全然見えなくて、二塁まで緩めることなく走りました」と高橋。185センチ、88キロと体に恵まれ、高校時代には通算20発を放った未来の主砲が、雨の神宮で輝いた。

 高橋のひと振りで逆転勝利を収めた中大は、開幕3連勝となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請