ウィル・オスプレイ、飯伏幸太下しIWGP世界ヘビー戴冠 次の挑戦者は鷹木信悟、さらにオカダ・カズチカも指名

飯伏幸太に高さ抜群のジャンピングニードロップを叩き込んだウィル・オスプレイ(カメラ・佐々木 清勝)
飯伏幸太に高さ抜群のジャンピングニードロップを叩き込んだウィル・オスプレイ(カメラ・佐々木 清勝)

◆新日本プロレス「SAKURA GENESIS 2021」大会 ▽IWGP世界ヘビー級選手権試合60分1本勝負 〇ウィル・オスプレイ(30分13秒 ストームブレイカー→片エビ固め)飯伏幸太●(4日、東京両国国技館、観衆4484人)

 春のシングル最強トーナメント「ニュージャパンカップ」優勝者・ウィル・オスプレイ(27)が初防衛を狙ったIWGP世界ヘビー級王者・飯伏幸太(38)に完勝。生まれたばかりの新日最強のベルトを奪取した。

 3月30日にお披露目されたばかりのピカピカのニューベルトを右肩にかついで入場した飯伏に最初から闘志満々のオスプレイ。試合序盤は静かなグラウンドの攻防を展開。そこからいきなりスピードアップ。

 場外乱闘にエプロンを使ってのダーティーファイトを展開し、飯伏に高角度のドロップキック、その場跳びムーンサルトプレスで対抗されたが、抜群の身体能力を生かした空中殺法で徐々に圧倒。

 トップロープを使ってのシューティングスタープレス、雪崩式リバース・フランケンシュタイナーをかわす驚異の攻撃から必殺のオスカッターを決める。

 飯伏の繰り出した意地のカミゴェ2連発も耐え抜くと、最後は高さ抜群のジャンピングニーからのヒドゥンブレイドを一閃。とどめのストームブレイカーで3カウントを奪った。

 さらに「ユナイテッド・エンパイア」軍のジェフ・コブ(38)ら3人が祝福しながらリングインすると、コブは倒れ伏した飯伏を抱え上げ、ツアー・オブ・ジ・エンパイアで叩きつけ、失神状態に追い込む暴挙。ヤングライオンの肩を借りて、リングから降り、はって花道進む飯伏にオスプレイは「バイバイ、サヨナラ、早く、コイツを連れていけ。ここからは俺の番だ!」という情け容赦ない罵声を浴びせた。

 さらにマイクを持つと、「IWGP世界ヘビーのベルトを獲ったぞ! 誰も俺たちを止められない」と絶叫。「まだストーリーは完結していない。次はオカダだ。東京ドームのリベンジは済んでいないんだ」と1月4日の東京ドーム大会で敗れたオカダ・カズチカ(33)を次期挑戦者に指名。黒いTシャツ姿のオカダが登場し、マイクをたたいて、観客に手拍子を要求したところで、今度は3月のNJC決勝でオスプレイに敗れた鷹木信悟(38)がリングイン。

 オカダからマイクを奪うと、「ちょっと、邪魔するぜ」と言うと、オスプレイを「おまえ、調子乗りすぎじゃねえか。王様にでもなったつもりか?」と挑発。「東京ドームでオカダに負けたリベンジだ? そんなの誰も覚えてねえんだよ。NJC1回戦でオカダが俺に豪華に負けたのはみんな覚えているよな。そんなオカダが挑戦できるなら、NJC準優勝のこの俺の方が挑戦する権利があるよな?」と一気に話すと、オカダに向かって「安心しろ。このクソヤローからベルトを獲ったら、最初の挑戦者におまえを指名してやるよ」と続け、引き上げた。

 終始、無言のまま引き上げたオカダに対し、オスプレイは「最初にシンゴ(鷹木)、次にオカダだ」と鷹木の挑戦を受諾した。

 バックステージでも「コブ、飯伏を片付けてくれてありがとう」とコブに向かって礼を言うと取材陣に「おまえたちは見抜けなかっただろうが、俺たちは初めから自分たちの可能性を信じていた。俺たちがトップに立つと分かっていた」と豪語した新王者。

 飯伏に対しても「すごい勝負だった。ここまで俺を突き動かしてくれたことに、そして俺たちユナイテッド・エンパイアの踏み台になってくれたことに、礼を言わせてくれ」とコメント。

 さらに生まれたばかりのIWGP世界ヘビーのベルトを抱くと、「これはまだ、ほんのスタートだ。俺は防衛ロードを通して、世界で俺より強いプロレスラーはいないと教えてやる。このベルトが世界ナンバーワンの証だ。狙われる立場になったが、誰が挑戦してくるのか今から楽しみだ。もし、俺より強いと思う奴がいるなら相手になってやる。だが、誰が挑戦しようと1人残らずレベルの違いを叩き込んでやる。このベルトはニュージャパンだけにとどまらず、世界で最も価値のあるベルトだと、身をもって証明していく」と言い切った。(中村 健吾)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請