【大阪杯】グランアレグリアは4着 3階級制覇ならず ルメール「良馬場なら問題ない」

スポーツ報知
3階級制覇を逃したグランアレグリア

◆第65回大阪杯・G1(4月4日、阪神・芝2000メートル=13頭立て)

 G1でともに4勝を挙げているコントレイル、グランアレグリアの初対決で注目された一戦は、川田将雅騎手が騎乗した4番人気のレイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎、父ディープインパクト)が4馬身差をつける圧勝で逃げ切り、無傷の6連勝でG1初優勝を成し遂げた。勝ち時計は2分1秒6(重)。

 昨年、1200メートルと1600メートルのG1で3連勝を収めて最優秀短距離馬に選出されたグランアレグリア(クリストフ・ルメール騎手)は2番人気に推されたが、1番人気のコントレイル(福永祐一騎手)とともに最後の伸びを欠いて4着。史上初となる1200メートル、1600メートル、2000メートルのG1制覇はならなかった。

 クリストフ・ルメール騎手(グランアレグリア=4着)「しょうがない。すごく良い競馬をしてくれた。休み明け、重馬場で大変だった。良馬場の2000メートルなら問題ない」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×