馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

【大阪杯】3冠馬コントレイル3着に敗れる 福永「最後は脚があがった」

コントレイル(左)は直線で伸びを欠き3着
コントレイル(左)は直線で伸びを欠き3着
3着に終わり引き揚げるコントレイル
3着に終わり引き揚げるコントレイル

◆第65回大阪杯・G1(4月4日、阪神・芝2000メートル=13頭立て)

 G1でともに4勝を挙げているコントレイル、グランアレグリアの初対決で注目された一戦は、川田将雅騎手が騎乗した4番人気のレイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎、父ディープインパクト)が4馬身差をつける圧勝で逃げ切り、無傷の6連勝でG1初優勝を成し遂げた。勝ち時計は2分1秒6(重)。

 昨年、史上3頭目の無敗3冠馬となったコントレイル(福永祐一騎手)は単勝1・8倍の1番人気に推されたが3着。デビュー9戦目で初の重馬場に苦戦したか、直線で伸びを欠いて2着のモズベッロ(池添謙一騎手)にもかわされた。

 福永祐一騎手(コントレイル=3着)「スタートはゲートの中でうるさかったんだけど、五分に出てくれた。前が流れていたので、思ったより後ろの位置になった。長い距離を使ってきた分、前半のスピードの乗りが…。馬場もそんなに苦にしていなかったし、3コーナーを過ぎて動いていったけど、最後は脚があがった。ちょっと思っていたより、馬場が悪くなった。だけど、しっかりと最後までグランアレグリアには競り勝ってくれた。勝った馬はすいすい行って、止まらなかったね」

コントレイル(左)は直線で伸びを欠き3着
3着に終わり引き揚げるコントレイル
すべての写真を見る 2枚

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請