【楽天】前日に打球直撃で降板した酒居知史は「強い打撲」 石井監督が明かす

練習に参加した酒居知史
練習に参加した酒居知史

◆パ・リーグ 楽天―オリックス(4日・楽天生命パーク)

 楽天・石井一久監督(47)が前日3日のオリックス戦で打球を受け緊急降板した酒居知史投手(28)の症状について「強い打撲」であることを明かした。

 酒居は前日に8回から登板。先頭・吉田正の打球が右広背筋に直撃し、降板していた。一夜明けたこの日の試合前練習では、グラウンドでキャッチボールなどを行う姿もあり、試合にもベンチ入りしている。

 石井監督は「強い打撲なので、どうやって筋肉が少し緩和してくるかだと思います。今日は昨日の今日なので、投げさせない方向では進めています」と話していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請