【大学野球】リーグ戦初先発の関大・鷲尾昂哉が初勝利を完封で飾る

リーグ戦初先発の関大・鷲尾昂哉は初勝利を完封で飾った
リーグ戦初先発の関大・鷲尾昂哉は初勝利を完封で飾った

◆関西学生野球春季リーグ戦 ▽第1節 関大5―0同大(4日・わかさスタジアム京都)

 関大が同大を破り、1勝1敗とした。リーグ戦初先発の鷲尾昂哉(3年)が、リーグ戦初勝利を2安打1死球の完封で飾った。

 オープン戦を含めて6回以上を投げたのは初めて。わずか92球でのシャットアウトに、最速147キロ右腕は「(ストライク)ゾーンで打ち取れた。チームが勝てたのが一番うれしい」と、顔をほころばせた。

 早瀬万豊監督は「オープン戦から状態が良かった。期待以上にやってくれた。直球の質、球筋の角度がいい。十分、先発で期待できる1人になってくれる手応えを感じる」と、褒めたたえた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請