【大学野球】ドラフト候補・野口智哉の先制打で関大が快勝 プロ8球団が視察

初回1死二塁、関大の野口智哉が先制の中前適時打を放つ
初回1死二塁、関大の野口智哉が先制の中前適時打を放つ

◆関西学生野球春季リーグ戦 ▽第1節 関大5―0同大(4日・わかさスタジアム京都)

 関大が同大を破り、1勝1敗とした。今秋ドラフト候補の野口智哉遊撃手(4年)が、初回1死二塁で中前に先制適時打を放つなど、1安打2打点と活躍した。

 8球団のスカウトが視察する前で、今季初安打を放った野口は「昨日、同じ場面で打てなかった(初回1死三塁で二ゴロ)。しっかり打てたのでよかった。リーグ戦の1本目は出ないときは硬くなってしまう。ほっとした」と、充実感を漂わせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請