井草貴文がT37クラス1500mでアジア新「率直にうれしい」

1500メートル(T37)アジア新記録を樹立した井草
1500メートル(T37)アジア新記録を樹立した井草

◆陸上 ミドルディスタンスチャレンジ最終日(4日、東京・駒沢公園陸上競技場)

 男子1500メートルが行われ、第3組に出場した井草貴文(AC・KITA)がT37クラスアジア新となる4分28秒94を樹立した。

 強い風が吹く難しいコンディションの中、1キロ3分ペースで推移したレース。ラストスパートで意地を見せ、アジア記録はもちろん、自身が持つ日本記録も6年ぶりに更新。「率直にうれしいです」と笑顔を見せた。

 昨秋から練習を距離中心からスピード中心へ変更。培ってきたスタミナを土台に、速さも身についた。特に300~400メートルのインターバルトレーニングで心肺機能も向上。好記録につながった。今夏の東京パラリンピック代表内定に向けて「今回のタイムは通過点。まだまだやるべきことはたくさんあるので頑張りたい」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請