【DeNA】3日に満弾など3発被弾の京山将弥を登録抹消…開幕ローテ早くも2人降格

京山将弥
京山将弥

 ◆「JERAセ・リーグ公式戦」DeNA―広島(4日・横浜スタジアム)

 DeNAは4日、京山将弥投手(22)の出場選手登録を抹消した。代わりに、この日の広島戦(横浜)で先発する阪口皓亮投手(21)を登録した。

 京山は3日の広島戦(横浜)で先発。坂倉に満塁本塁打を浴びるなど、3本塁打を被弾し、5回6安打6失点で2敗目を喫していた。オープン戦では防御率0・00と抜群の安定感を見せて開幕ローテ入りをゲット。開幕2戦目だった3月27日の巨人戦(東京D)で今季初登板初先発した試合は、4回5安打7四球で4失点(自責3)で敗戦投手になっていた。ここまで2登板で0勝2敗、防御率9・00にとどまっていた。

 ここまで開幕から8戦勝ちなし、6連敗中のDeNA。すでに開幕3戦目に先発した平良拳太郎投手(25)は右肘の張りを訴えて登録抹消となった。開幕から8試合で早くも2人の先発投手が降格となる厳しい状況に追い込まれている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請