【大阪杯 森泰斗のタイトな読み】コントレイルに自信の◎「この馬の走りを見るレース」

森泰斗はコントレイルに自信の◎
森泰斗はコントレイルに自信の◎

◆第65回大阪杯・G1(4月4日、阪神競馬場・芝2000メートル)

 南関東牝馬3冠初戦の桜花賞・S1(3月31日、浦和1600メートル)をケラススヴィアで勝つことができました。馬名の由来が「桜の道」なので勝たなくてはと思っていました。438キロと小柄ですが、頭が良く、レース前もデ~ンと構えているんですよ。大きな可能性を感じさせます。3冠2戦目の東京プリンセス賞・S1(28日、大井)も楽しみです。

 大阪杯は、やはりコントレイルに注目です。もう、この馬の走りを見るレースと言ってもいいと思います。前走2着とはいえ、女王アーモンドアイから0秒2差でした。適距離の2000メートルで、無敗の3冠馬の実力発揮となるでしょう。

 サリオスは昨年の皐月賞、ダービーと2着。コントレイルがいなければ、結果は違っていたかもしれません。前走のマイルCS(5着)は大外枠が響いただけ。今回は内枠ですし、距離が延びて競馬がしやすいと思います。

 目下G1・3連勝のグランアレグリアは、昨年の安田記念でアーモンドアイに2馬身半差をつけて勝利しています。力があるのは間違いないので、今回は2000メートルがこなせるかがカギ。休み明けで400メートルの延長は、なかなか厳しい条件です。マイルと中距離では流れが違ううえ、外枠に入って前に壁をつくることも難しそう。とはいえ、ルメール騎手なら上手にコントロールして、力を引き出すと思います。(船橋競馬所属騎手)

【森泰斗騎手の印】

◎(7)コントレイル

○(2)サリオス

▲(12)グランアレグリア

★(8)レイパパレ

△(4)ブラヴァス

△(5)ペルシアンナイト

△(13)アドマイヤビルゴ

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請