【巨人】原監督が元チームメート田口を称賛「いいピッチングされた」

7回、戦況を見つめる原辰徳監督
7回、戦況を見つめる原辰徳監督

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人2―2ヤクルト(3日・東京D)

 巨人が土壇場で追いついて引き分けに持ち込んだ。

 1点を追う9回2死一塁、広岡の代打・若林が右中間フェンス直撃の同点適時二塁打。今季8試合目で3度目の引き分けとなった。

 打線は開幕前に巨人からトレード移籍したヤクルト田口に7回無失点と好投を許した。

 原監督は「いいピッチングされたし、良さ、いいところを知っているだけにね。いいところを狙っちゃったんだろうな、バッターはな」と話した。田口といえばスライダーが最大の武器だが、この日はカーブやフォークを多投。巨人時代とは別人のような配球だったと分析した。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請