【巨人】原監督、無安打の岡本和真と丸佳浩に「陽でいかないと。陰だね打席で」

スポーツ報知
7回、戦況を見つめる原辰徳監督

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人2―2ヤクルト(3日・東京D)

 巨人が土壇場で追いついて引き分けに持ち込んだ。

 1点ビハインドの9回2死一塁、広岡の代打・若林が右中間フェンス直撃の同点適時二塁打。今季8試合目で3度目の引き分けとなった。

 打線はヤクルト田口の前に7回まで無得点。原監督は試合後、4打数無安打の4番・岡本和と5番・丸について言及し「岡本選手、丸選手があれだけね、いつも一緒に練習して切磋琢磨(せっさたくま)しているんだけど。上がる時は両方一緒に上がるでしょう。(岡本は)本来の陽、陽気、陽がないね、陰だね打席でね。丸もね。やっぱり陽でいかないとね。陽で行って欲しいよね、もう少しね。みんなが救ってくれたわけだから、引き分けにね。明日はやってくれるでしょう」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請