【楽天】弓削隼人、今季初先発は4回途中1失点で降板「精彩を欠く投球になってしまった」

楽天先発の弓削隼人
楽天先発の弓削隼人

◆パ・リーグ 楽天―オリックス(3日・楽天生命パーク)

 楽天・弓削隼人投手(26)が今季初先発し、3回2/3を4安打1失点で降板した。

 初回は2死から吉田正に死球、ジョーンズに四球を与え一、二塁を迎えたが、モヤをカーブで中飛に抑えた。2回も無失点に封じると、先制した直後となった2―0の3回は1死一、二塁からジョーンズを三ゴロ併殺に斬った。

 3―0の4回は無死一、三塁から安達の内野ゴロの間に1点を献上。なお1死二塁で若月を遊ゴロに仕留めたところで2番手・津留崎に交代となった。

 昨年10月に左肘のクリーニング手術を受けていた左腕。同年8月25日・ロッテ戦(楽天生命)以来の1軍登板で「1軍での久しぶりの登板でやってやろうという気持ちが強すぎて、力んで無駄なボールが多く精彩を欠く投球になってしまいました。課題が明確になったので次回に向けてしっかり調整したいと思います。次回、登板のチャンスがあればしっかり投げたいです」とコメントした。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請