【ダービー卿CT】1番人気スマイルカナは14着に沈む 柴田大「休み明けが影響したとしか…」

スポーツ報知
14着のスマイルカナ(カメラ・池内 雅彦)

 ◆第53回ダービー卿チャレンジトロフィー・G3(4月3日、中山・芝1600メートル、良)

 ハンデG3は15頭立て(ウインカーネリアンは出走取消)で争われ、3番人気で53キロのテルツェット(牝4歳、美浦・和田正一郎厩舎、父ディープインパクト)がミルコ・デムーロ騎手を背に、最後の直線で一気に前をとらえ、先頭でゴールに飛び込み、1勝クラスから4連勝での重賞初制覇を飾った。勝ち時計は、1分32秒6。ミルコ・デムーロ騎手はJRA通算1100勝を達成した。

 4番人気のカテドラル(田辺裕信騎手)が1馬身差の2着に追い込み、さらに首差で5番人気のボンセルヴィーソ(木幡巧也騎手)が3着に続いた。

 柴田大騎手(スマイルカナ=14着)「休み明けが影響したとしか考えられない。これだけ長く休んだのはあまりないですからね。使えば良くなってくるはず」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請