【神戸】トップチーム関係者1人が新型コロナ陽性…仙台戦は予定通り開催

 神戸は3日、トップチームの関係者1人に新型コロナウイルスの陽性判定が出たことを発表した。

 クラブによると、同関係者は2日に陽性判定を受けた近親者の濃厚接触者である可能性が確認されたため、クラブ独自のPCR検査を実施したところ陽性と判定された。現在はのどの違和感と軽度のせきの症状があり隔離、療養している。

 同関係者の陽性判定を受けてクラブは2日夜、トップチーム関係者62人にPCR検査を実施。全員が陰性だったが、Jリーグの定めるガイドラインに沿ってトップチーム関係者2人が濃厚接触疑いとなった。その2人はチームを離れ自宅待機中という。

 また、この日午後2時キックオフの仙台戦(ユアスタ)に関してはリーグと両クラブが協議した結果、リーグのガイドラインに基づき陽性判定を受けた1人と濃厚接触の疑いがある2人を除き予定通り開催される。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請