【センバツ高校野球・東北勢総括】八戸西は本来の力を出せず

甲子園のマウンドで力投する八戸西のエース福島
甲子園のマウンドで力投する八戸西のエース福島

 2年ぶりに開催されたセンバツ高校野球(甲子園)は、東海大相模(神奈川)の10年ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。東北勢は仙台育英と柴田(ともに宮城)、21世紀枠で八戸西(青森)の3校が出場。憧れの聖地でどんな戦いぶりを見せたのかを振り返る。(有吉 広紀)

 八戸西は序盤から流れをつかめず、本来の力を出せずに敗れた。エース福島蓮(3年)が不調で、2回にいきなり4失点。制球の乱れなどを最後まで修正することができず、5回で降板した。打線は終盤につながりをみせて3得点と、冬場に鍛えてきた成果をみせたが、勝利には届かなかった。

 試合後、小川貴史監督(37)は「力をアップさせていかないと夏は勝てない。すごく悔しいので絶対夏に帰ってきたい」と前を向いた。指揮官が勤める縁で交流のある八戸高等支援学校の生徒に、夏こそ勝利を届けたい。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請