【センバツ】東海大相模、V報告会など行事なし静かに凱旋

センバツで優勝した東海大相模ナイン
センバツで優勝した東海大相模ナイン

 第93回センバツ高校野球大会で10年ぶり3度目の優勝を果たした東海大相模ナインが2日、神奈川・相模原市に凱旋した。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、例年行われている日本高野連への表敬訪問など公式行事はなく、学校での優勝報告会もなかった。

 普段の優勝時は、一般生徒や保護者、地元住民らが集まって、監督、主将があいさつを行うほか、優勝旗や優勝メダルのお披露目もしている。11年春の優勝時は約500人、15年夏は約1100人が参加していた。関係者によると、同校は現在も全校集会は行っていない状況で、校内の優勝報告会も予定していないという。

 今後は3日から練習を再開し、18年の大阪桐蔭に続く史上9校目となる春夏連覇に向けて再スタートを切る。10日に開幕する春季県大会は、17日の3回戦から登場予定。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請