5000m高校記録保持者・石田洸介が東洋大での目標明かす「24年パリ五輪が最大の目標」

オンラインで取材に応じた東洋大の(左から)酒井監督、石田洸介
オンラインで取材に応じた東洋大の(左から)酒井監督、石田洸介

 陸上男子5000メートルの日本高校記録(13分34秒74)を持つ石田洸介(東洋大1年)が2日、オンラインで取材に応じた。群馬・東農大二高から進学した石田は、酒井俊幸監督(44)の指導のもと、3年時に迎える第100回箱根駅伝の優勝、さらに4年時に行われる24年パリ五輪出場へ意欲を示した。

 世代トップのゴールデンルーキーとして鉄紺軍団に加わった18歳。海外留学などの選択肢もあったが「酒井監督の『世界で戦える選手を育成したい』という言葉にビビッときた」と東洋大への進学を決めた。視線は常に世界を向いており「24年パリ五輪を最大の目標に、1年目は下地を作っていきたい。チームとしては3大駅伝優勝。特に箱根は3年時に100回大会なので、監督を胴上げしたい」と意気込んだ。

 石田は福岡・浅川中時代に1500メートル、3000メートル、5000メートルの3種目で日本中学記録をマーク。東農大二高に進学し、昨年は2度、5000メートルで日本高校記録を更新した。酒井監督は「自ら計画を立てて、記録を達成できる選手。大きな目標を持って取り組んでくれると思うので、その実現へ最大限の応援や指導をしたい」と期待を寄せた。デビュー戦は5月頃を予定している。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請