【楽天】 茂木栄五郎、ロッテに大敗もチーム3冠打率5割2分6厘「必死で頑張っています」2号2ラン3の3

2回に逆転2ランを放ちナインとグータッチを交わす茂木(左)(カメラ・佐々木 清勝)
2回に逆転2ランを放ちナインとグータッチを交わす茂木(左)(カメラ・佐々木 清勝)

◆パ・リーグ ロッテ16―5楽天(1日・ZOZOマリン)

 楽天は投手陣が崩れてロッテに5―16の大敗を喫した中で、茂木栄五郎内野手(27)が2回の2号2ランを含む3打数3安打2打点と気を吐いた。三塁打が出ればサイクル安打だったが、惜しくも快挙は逃した。今季初先発の滝中瞭太投手(26)は2被弾を含む7安打4四死球、10失点で2回途中KO。2番手・菅原秀投手(26)も6四死球と苦しい内容に、石井一久監督(47)も「四球があんなに出るとこういう展開になってしまう」と苦言を呈した。

 研ぎ澄まされた集中力を発揮した。茂木が放った打球は高々と舞い上がり右中間席中段に着弾した。「四球の後だったので、初球を取りにくると思っていました。ミスショットせず、一球でしっかり仕留められました」。0―1の2回。先頭の浅村が四球で出塁した直後だった。初球の甘く入った直球を完璧に捉える2戦ぶりの2号2ラン。敗れて空砲となったが、主将の一振りで一時は逆転し、ベンチのムードは高まった。

 3月31日の同カード(ZOZO)の6回にも2連続四球後の初球を打って殊勲の決勝打。「一打席の中で甘い球は一球あるか、ないか。それがいつ来るかは当然わからない。初球から打ちにいける準備をネクストでしている」。毎打席ごとに渡辺打撃コーチと狙い球について話し合い、打つべき球を「今は迷いなく、初球から打ちにいけている」と冷静に自己分析した。

 4回には先頭で中越え二塁打、6回には左前打を放ち、サイクル安打にリーチをかけた。8回の4打席目は「三塁打が出ればサイクルというのはわかっていたので、チャンスがあればと思っていた」が、四球で惜しくも快挙達成はならず。それでも、「雑にならずに、自分の打てる球を打とうとした中で、しっかりボールの見極めもできて、いい四球になった」と納得の表情を浮かべた。

 開幕からの連続安打を「6」に伸ばし、打率は5割2分6厘に浮上。2本塁打、7打点と合わせてチーム3冠となった。「自分がキーマンというか、僕が打てばチームは勝ちに近づく。そういったやりがいを感じてやっている。キャプテンもやらせてもらっているので、何とかチームの勝利に貢献したいしたいという気持ちで毎日、必死で頑張っています」。若き主将が強い自覚を胸に、首位追撃の原動力となる。(長井 毅)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請