大相撲7月場所は名古屋開催で準備…1年4か月ぶりの地方場所へ

 日本相撲協会は1日、7月場所(4日初日)を愛知・名古屋(ドルフィンズアリーナ)で開催すると発表した。地方場所は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、昨年3月の春場所(大阪)を最後に、東京・両国国技館で開催されている。

 開催方式、感染防止策は東京場所が踏襲される。通常収容人数の50%以内の行政指導の範囲内で、一日の入場者数の上限は3800人とした。7月はオリンピック会場になっている両国国技館が使用できず、名古屋開催に踏み切った。

 協会員らは同場所前にPCR検査を受けてから、現地入りをする予定。名古屋場所で恒例の「相撲列車」(主に幕下以下の若手力士を乗せた新幹線)による現地入りは行わないという。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請