【女子野球】開志学園・吉村がサヨナラ打 初の決勝へ

サヨナラ勝ちで決勝進出を決めて喜ぶ開志学園の選手
サヨナラ勝ちで決勝進出を決めて喜ぶ開志学園の選手

◆報知新聞社後援 第22回全国高等学校女子硬式野球選抜大会準決勝 開志学園3×―2京都外大西=延長8回タイブレイク(1日、埼玉・加須きずな球場)

 開志学園(新潟)が逆転サヨナラ勝ちで初の決勝進出を決めた。1―1でタイブレイク(無死一、二塁から攻撃開始)に突入した延長8回、1点を勝ち越されたが、無死満塁の好機に吉村悠菜(3年)が左前打を放って2者が生還。逆転サヨナラ勝ちを収めた。ヒロインは「とりあえずつなごうと、(球を)上からたたく意識でいました」とほほ笑んだ。

 13年に東北、北信越地区の高校で初めて女子硬式野球部を創部。昨年はコロナ禍のため中止となったヴィーナスリーグ(関東女子硬式野球連盟主催)の代替大会として開催されたKWBF高等学校女子硬式野球大会で優勝を果たすなど年々力をつけている。全国大会の決勝進出は今回が初めてだが、オリックス・漆原大晟投手の兄でもある漆原大夢監督は「選手はいい雰囲気でやってくれています。履正社さんはいいチームなので、胸を借りるつもりでやりたいです」と言葉に力を込めた。吉村も「決勝は僅差になると思うので、チーム全体でつないで勝ちにいきたいです」と決戦をにらんだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請