【女子野球】京都外大西 6年ぶりの決勝進出ならず

サヨナラ負けで決勝進出を逃し3位に終わった京都外大西
サヨナラ負けで決勝進出を逃し3位に終わった京都外大西

 ◆報知新聞社後援 第22回全国高等学校女子硬式野球選抜大会準決勝 開志学園3×―2京都外大西=延長8回タイブレイク(1日、埼玉・加須きずな球場)

 15年以来6年ぶり2度目の優勝を狙っていた京都外大西だったが、逆転サヨナラ負けで姿を消した。

 1―1でタイブレイク(無死一、二塁から攻撃開始)に突入した8回、富田彩加の左前適時打で1点を勝ち越したが、力投を続けていた先発の左腕・上野千寿穂がその裏に2点を失い逆転サヨナラ負けを喫した。主将の稲垣里歩は「サインミスなどもあり波に乗れなかった。この悔しい思いを忘れずにチームを一から作り直して、夏は絶対に全国優勝します」と出直しを誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請