【楽天】16失点の大敗で連勝3でストップ…石井監督は先発・滝中に「最低限の踏ん張りを見せてほしい」

石井監督は先発・滝中に「最低限の踏ん張りを見せてほしい」
石井監督は先発・滝中に「最低限の踏ん張りを見せてほしい」

◆パ・リーグ ロッテ16―5楽天(1日・ZOZOマリンスタジアム)

 楽天は16失点を喫する大敗で、連勝が3でストップした。

 先発・滝中は初回、マーティンに先制ソロを許すと、3―1の2回には打者一巡の猛攻を浴び、2回途中7安打4四死球10失点で今季初黒星。開幕ローテを勝ち取ったが、2年目右腕にとって悔しさが残る今季初登板となった。

 2番手の菅原は2回2/3を5失点、3番手の津留崎は1回2/3を1失点と追加点を許す形に。打線は茂木が2号2ランを含む3打数3安打2打点を記録。小郷、辰己にも一発が飛び出し計5得点を奪ったが、序盤の大量失点が大きく響いた。

 石井監督は滝中について「フォーム的なところで言うと粘りがなかった分、球離れが早かったかなと思う」とし、2回を投げ切れなかったことについては「あそこはしっかりと先発として最低限の踏ん張りを見せてほしいと思うし、後ろで守ってる野手の人にも、ブルペンで毎日待機してくれる投手にも先発としてあのイニングはしっかり投げ切れなかったら失礼だなというところはある」と苦言を呈した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請