【楽天】則本昂大、最速155キロ剛球1勝

7回途中1失点で今季初勝利を挙げた則本昂
7回途中1失点で今季初勝利を挙げた則本昂

◆パ・リーグ ロッテ1―2楽天(31日・ZOZOマリン)

 序盤から飛ばした。楽天・則本昂が持ち前の剛球を武器に今季初勝利をつかんだ。初回1死からマーティンに投じた3球目は、この日の最速155キロを計測。「スピードも出ていたし、ファウルだったり、押さえ込んだ部分は多かった。初登板の中では良かった」。3者凡退の滑り出しからゼロを積み重ねた。キャンプから取り組んできた高めの直球を相手に「意識させる」投球術がさえた。落差の大きい130キロ台前半のチェンジアップで高低差と緩急をつけ、スライダーで揺さぶった。

 昨季まで2年連続5勝止まり。変化を求めてワインドアップに再挑戦し、球威が戻った。100球手前となった7回1死の場面で連続四球と菅野に適時二塁打を浴びて降板したが、このピンチを渡辺佑が抑えてチームは3連勝。田中将が右足の負傷で離脱する誤算はあったが涌井、早川、岸の白星に続いた。「初登板で勝ちをもらえたのは非常に大きかった」。則本昂が完全復活へ好スタートを切った。(長井 毅)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請