【巨人】井納翔一、FA戦士最短1回0/3KО「役割を果たせず申し訳ない」

2回途中で降板した井納(カメラ・橋口 真)
2回途中で降板した井納(カメラ・橋口 真)
移籍後初先発した井納
移籍後初先発した井納

◆JERAセ・リーグ 中日5―3巨人(31日・バンテリンドーム)

 巨人が先発・井納の乱調で中日に逆転負けし、今季初黒星を喫した。初回にウィーラーの2ランなどで3点を先取も、井納が1回0/3を4失点とリードを守れずに降板。巨人にFA移籍した投手の初登板初先発では最短KOとなり、試合後に2軍降格が決定した。打線も2回以降は3安打に抑え込まれ、投打の歯車がかみ合わなかった。

 さすがに我慢できなかった。原監督は先発・井納を、早々にあきらめた。2回先頭・木下拓に中堅フェンス直撃の二塁打を浴びたところで、球審に交代を告げた。「早いタイミングって言うかな? あれだけポンポンポンポン、というのはね」。自嘲気味な笑いを交えた穏やかな声が、失望の色を濃くにじませていた。チームの今季初黒星が決まったと同時に、右腕のファームでの再調整も決まった。

 移籍して、迎えた初登板初先発。マウンドに上がる前に打線から3点の援護も届いたが、一瞬でフイにした。初回、先頭・大島、阿部の連続長短打で無死二、三塁とされると、高橋周に2点適時打を浴びる。さらにビシエドの右前打で一、三塁とピンチを広げ、平田を何とか遊ゴロ併殺に打ち取る間に同点とされた。2回も立ち直りの兆しを見せられず、1回0/3を5安打4失点でプロ入り後自己最短KO。「先制した直後に追いつかれてしまい、先発の役割を果たせず申し訳ない気持ちでいっぱいです。いいリズムを壊してしまい、自分の投球ができなかったことが悔しいです」と唇をかんだ。巨人にFA移籍した選手の初登板初先発としても最短の降板となった。

 新天地でのスタートにかける気持ちを、井納は「高ぶる」と話していたが、完全に空回った。細かい制球が定まらない。追い込んでから、外角のラインに構える大城のミットに飛び込まず、中に入るばかりで、宮本投手チーフコーチも「直球はいいんだけど、全部甘い。コースに行っていない分、彼の持ち味であるフォークとかが生きてこない」と指摘。開幕直前の15日、G球場に残留しての練習中に頭部を8針縫う裂傷を負った。患部を気遣いながら慎重に、それでも懸命に開幕5戦目に備えたが、指揮官は「いろんな意味で調整不足」と断じた。

 脚部の違和感で30日に登録抹消となった菅野に続き、5試合で開幕ローテから2人が抹消となるのは想定外の事態だ。井納の代役は、この日、2軍戦で完封勝利を挙げた畠が最有力候補に浮上。まだ今季初黒星とは言え、負の連鎖は早めに止めなければいけない。

(西村 茂展)

試合詳細
2回途中で降板した井納(カメラ・橋口 真)
移籍後初先発した井納
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請