メッシのバルサ残留、アグエロ獲得が条件か

メッシ(ロイター)
メッシ(ロイター)

 残留か、移籍か―。今季終了後の去就が注目されるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)=バルセロナ=が、今季限りでマンチェスター・Cを退団する同国代表FWのセルヒオ・アグエロ(32)の獲得を条件に、バルセロナ残留を了解していることが明らかになった。

 英サッカー専門サイト『フットボール・インサイダー』が掲載した記事によると、現在アグエロの移籍先としてバルセロナが他クラブを一歩リードしている状況となっているという。

その背景にはメッシの強い要望があった。親交があるラポルタ氏が会長に当選したことで、バルセロナ残留の可能性が高まったと報じたられたメッシだが、その条件としてアグエロの獲得を要求したという。

 マンチェスター・Cをプレミアリーグの常勝チームにした立役者の一人であるアグエロとメッシはアルゼンチンのユース時代に知り合い、親友関係があることで有名。昨夏は仲が良かったスアレスが放出されて、それもメッシが移籍願いを出した原因の一つとされるが、どうやら孤高のスーパースターには、しっかりとした心の絆があるチームメイトの存在が不可欠のようだ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請