橋岡優輝、親友とともに社会人生活スタートへ「日本記録&五輪メダル目指す」

橋岡
橋岡

 19年ドーハ世界陸上男子走り幅跳び8位入賞の橋岡優輝(22)=日大=が31日、4月1日から入社する富士通のオンライン取材会に出席した。

 日大時代から同級生として切磋琢磨(せっさたくま)してきた、男子棒高跳びの江島雅紀(22)とは、社会人でも同期入社となる。「高2でダイヤモンドアスリート(日本陸連の強化育成プログラム)に選ばれた時から、ずっとライバル、親友としてやってきた。同じ所属で切磋琢磨していきたい」。江島も「橋岡は世陸でも入賞している。仲良く刺激しあって頑張っていきたい」と思いを新たにした。

 今月の日本室内選手権(大阪)では、室内日本新の8メートル19を樹立。日大で師事する森長正樹コーチの記録を22年ぶりに更新し、東京五輪イヤーを快調に滑り出した。両親ともに陸上選手という一家で育った橋岡は、社会人となって一人暮らしも計画している。「料理もバリエーション豊かに頑張りたい。五輪に出場することで、両親を超えて世界のトップに近づいていくのかなと思っている」と力を込めていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請