【楽天】茂木栄五郎、開幕5戦連続安打が均衡破る2点適時打

6回2死満塁、右前に2点適時打を放つ茂木栄五郎
6回2死満塁、右前に2点適時打を放つ茂木栄五郎

◆ロッテ―楽天(31日・ZOZOマリン)

 楽天・茂木栄五郎内野手(27)が開幕5戦連続安打をマークした。

 両軍無得点の6回。2死二塁から連続四球で得た満塁の絶好機で、岩下の初球の高めに浮いたフォークを強振し、右前に運んだ。均衡を破る2点打に一塁上では右手を突き上げて喜んだ。 「2者連続でのフォアボールの後でしたからね。初球はストライクを取りたいと思っていたと思うので、向かっていくつもりで腹くくって打席に入りました。いい1本が打てて良かったです」と、読み通りの一打を自賛した。30日の同カードでは、勝利を決定づける今季1号3ランを放っていた頼れる主将が開幕から好調をキープしている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請