【なでしこ】鹿児島キャンプを打ち上げ 高倉麻子監督、選手選考は「悩む覚悟で」

鹿児島での候補合宿を打ち上げたなでしこジャパン
鹿児島での候補合宿を打ち上げたなでしこジャパン

 なでしこジャパンは31日、約2週間の代表候補合宿(鹿児島)を打ち上げた。前日に鹿屋体大男子チームと練習試合を行ったため、この日はランニングやストレッチなど約1時間の短めの練習で終えた。

 高倉麻子監督(52)は、「攻守ともに課題を一つずつひもときながら、少しずつ積み重ねができた」と振り返った。

 練習試合でFW浜田遥(28)=マイナビ仙台=が2得点を挙げるなど、昨秋からの新戦力がアピールした。東京五輪代表18人のメンバー選考について「悩む覚悟で選手のいいプレーを楽しみに、また研ぎ澄ませていければいい」と競争激化を歓迎した。

 4月1日には、国際親善試合・パラグアイ戦(8日・ユアスタ)とパナマ戦(11日・国立)の2試合に臨むメンバーが発表される。今回の合宿は国内組のみで行ったが、試合には海外組も招集される見込み。指揮官は「なでしこの強いパワーを持って、ゲームに向かっていきたい」と意気込みを口にした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請