TDK入社の伊藤優平内野手と奥村幸太捕手…八戸学院光星の甲子園コンビが再び同僚に

TDKで再び一緒にプレーする(左から)奥村幸太と伊藤優平
TDKで再び一緒にプレーする(左から)奥村幸太と伊藤優平
TDKの入社内定選手。左から佐藤哲矢、大関竜登、川原直貴、奥村幸太、伊藤優平、斎田海斗
TDKの入社内定選手。左から佐藤哲矢、大関竜登、川原直貴、奥村幸太、伊藤優平、斎田海斗

 昨年都市対抗野球に出場したTDK(秋田)に、6人の入社内定選手が加わった。伊藤優平内野手(22)=八戸学院大=と奥村幸太捕手(22)=神奈川大=は、ともに八戸学院光星高(青森)でプレーして甲子園にも出場。東北の地で再び同じチームとなり、互いの4年間の成長を感じながら勝利に貢献すると誓った。

 4年の時を経て、同じユニホームを着て再び戦う。伊藤は「若手が試合に出ていて勢いがある。こういうチームでやりたいと思った」、奥村は「活気があって、ここでやりたいと一番思った」とTDKを選んだ理由を明かした。八戸学院光星高では春夏連続で甲子園に出場。奥村は個性派ぞろいのチームを主将としてまとめ、伊藤は俊足巧打を生かして高校日本代表にも選ばれた。

 大学4年間で成長した姿を互いに感じている。伊藤は「守備とか、比べものにならないくらいうまくなっている」、奥村は「速さだけじゃなく力強さもついている」と互いを評価。チームは昨年、1、2年目の若手選手が中心となって7年ぶりの都市対抗出場を果たしており、「互いに競い合えばチームのためにもなる」(奥村)と今年も新人選手が勢いをつけたいところだ。

 大学では外野手だった伊藤は、現在高校以来の内野手に挑戦中。「知識が高校で止まっている」と先輩たちに教えを受けながら日々勉強中だ。奥村は「実戦のなかでアピールしていきたい」の言葉通り、3月のJABA東京大会で2試合にスタメン出場。チームは2戦とも敗れたが、貴重な経験を積んだ。

 定位置奪取へ「チームに必要とされる存在になる」と伊藤が話せば、奥村は「東北で圧倒的に勝てるくらいのチームになって、その中心となっていきたい」と力強く語った。高校のときと同様に、社会人でも2人がチームを全国舞台に導く。(有吉 広紀)

 〇…入社内定選手のなかには、2人以外にも東北にゆかりのある選手が多い。斎田海斗外野手(22)は仙台育英高(宮城)から東日本国際大(福島)、川原直貴投手(22)は大曲高(秋田)から富士大(岩手)と東北地区で力をつけてきた。唯一の高卒である佐藤哲矢捕手(18)は、チーム所在地の秋田・由利高出身だ。大関竜登投手(22)は栃木県出身だが、すでにJABA東京大会で2試合に登板。2年連続の都市対抗出場へ、全員がチームの力になる。

TDKで再び一緒にプレーする(左から)奥村幸太と伊藤優平
TDKの入社内定選手。左から佐藤哲矢、大関竜登、川原直貴、奥村幸太、伊藤優平、斎田海斗
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請