照ノ富士、2度目の大関昇進口上は「謹んでお受け致します」…魁傑以来44年ぶり2人目

照ノ富士
照ノ富士

 大相撲春場所で自身3度目の優勝を果たし、21場所ぶりに大関復帰を果たした照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=が31日、都内の伊勢ケ浜部屋で昇進伝達式に臨み、日本相撲協会の高島理事(元関脇・高望山)と浅香山審判委員(元大関・魁皇)が使者として満場一致の推挙を伝えた。

 伝達式の口上では「謹んでお受け致します。本日は誠にありがとうございました」と短く述べた。

 一度平幕以下に転落して大関復帰を果たすのは、現行のカド番制度となった1969年7月以降では77初場所後の魁傑以来、44年ぶりで2人目。魁傑は2度目の伝達式の際には「謹んでお受けします」とシンプルな口上を述べており、今回はこれを踏襲した形となった。

 照ノ富士は前回昇進した15年夏場所後の伝達式では、「謹んでお受け致します。今後も心技体の充実に努め、さらに上を目指して昇進いたします」と述べていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請