【ダービー卿チャレンジトロフィー展望】ディープインパクト産駒スマイルカナが中心…中山マイルはベストな条件

スポーツ報知
ダービー卿チャレンジトロフィーに出走予定のスマイルカナ(カメラ・小泉 洋樹)

 第53回ダービー卿チャレンジトロフィーが4月3日、中山の芝1600メートルで行われる。

 前走のターコイズSの勝ち馬スマイルカナ(牝4歳、美浦・高橋祥泰厩舎)が中心。中山マイルは4戦3勝2着1回の最適舞台。極悪馬場の桜花賞をデアリングタクト、レシステンシアの3着と逃げ粘り、馬場状態も不問だ。

 同厩舎のカラテ(牡5歳、美浦・高橋祥泰厩舎)が強敵だ。2勝クラス、3勝クラス連勝で挑んだ東京新聞杯を押し切って重賞初制覇を決めた上がり馬。500キロを優に超す雄大な馬格で、道悪競馬も得意なタイプ。

 東京新聞杯で2着と好走したカテドラル(牡5歳、栗東・池添学厩舎)も一昨年のNHKマイルC3着と地力は高い。中山金杯3着、中山記念3着のウインイクシード(牡7歳、美浦・鈴木伸尋厩舎)、前走の東風Sを逃げ切ってオープン3勝目を挙げたトーラスジェミニ(牡5歳、美浦・小桧山悟厩舎)、東風S2着のボンセルヴィーソ(牡7歳、栗東・池添学厩舎)、皐月賞4着があるウインカーネリアン(牡4歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)、1勝、2勝、3勝クラスを3連勝中のテルツェット(牝4歳、美浦・和田正一郎厩舎)も勢いあり侮れない。デビューから中山マイル3連勝でニュージーランドTを勝ったルフトシュトローム(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)も中間順調で復活があってもいい。(大上 賢一郎)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請