【聖火リレー】長野市内の一部沿道とセレブレーション会場を無観客に 新型コロナ特別警報発出で

スポーツ報知
聖火リレー

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、長野県が長野市の新型コロナウイルスに関する「特別警報2」を発出したことに伴い、長野市内での聖火リレー(4月1日)について、善光寺仲見世通りとセレブレーション(到着式典)を無観客で行うこと発表した。

 組織委員会では長野市において、高齢者や基礎疾患のある方の沿道での観覧は控えるように求めている。長野市内では1992年アルベールビル、94年リレハンメル大会ノルディックスキー複合団体金メダルの荻原健司さん(51)やアルベールビル大会フィギュアスケート女子銀メダルの伊藤みどりさん(51)といった冬季五輪の名選手がリレーに参加する予定となっている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請