中村吉右衛門が救急搬送でICU治療中 28日出演後「ちょっと具合が悪いみたいだ」体調に異変

スポーツ報知
都内の病院に救急搬送された中村吉右衛門

 歌舞伎の人間国宝、中村吉右衛門(76)が28日夜、都内の病院に救急搬送されていたことが29日、分かった。現在、ICU(集中治療室)で検査や治療が続いている。この日、東京・歌舞伎座では吉右衛門も出演していた「三月大歌舞伎」が千秋楽。甥(おい)の松本幸四郎(48)が代役を勤め、最終日を乗り切った。

 吉右衛門の体に異変が起きたのは28日午後8時半ごろ。今月は東京・歌舞伎座「三月大歌舞伎」第3部「楼門五三桐」で、「絶景かな、絶景かな」の名セリフで知られる石川五右衛門を豪快に演じ、元気ぶりを印象づけていた。28日も出演を終え、食事のため港区内のホテルへ。手洗いから戻り、落ち着こうとした吉右衛門は「ちょっと具合が悪いみたいだ」と発すると、脱力した感じになり、そばにいた人物がいち早く体調の変化に気づいた。「倒れた」と伝わっているが「バタン」というような激しいものでも、急に苦しんだりするものではなかったという。

 ホテルスタッフの冷静で迅速な判断もあり、極めて短い時間で都内の病院に搬送され、緊急入院した。現在、ICUで治療を続けている。一部では心肺停止とも報じられたが、真偽は定かではない。関係者の説明では、現時点で脳や心臓には異常のようなものは見つかっていないという。はっきりした原因が分からない状態で、手術なども行われていない。数日間、意識を低下させた状態にして様子を見る方向だという。

 吉右衛門はこのところ気力を振り絞り、命を削るようにして舞台に立ち続けていた。7、8年前から味覚障害に悩まされ、2019年には高熱などの体調不良で歌舞伎座での公演を一時休演。今年1月にも体調不良で公演を8日間休んだ。今月も体調は万全ではなかったが、体力が少し戻り、出演を決めた。昨年12月にはウェブ連載で「ある手術を受けた」ことを明かし、大きな声を出したり立ち上がる際に影響が出たと触れている。しかし、手術は10月で時間がたっており、今回との因果関係は不明だ。5月の歌舞伎座公演へも出演予定。何度も不屈の精神でカムバックしてきただけに、回復が待たれる。

 ◆中村 吉右衛門(なかむら・きちえもん)1944年5月22日、東京都生まれ。76歳。屋号は播磨屋。8代目松本幸四郎(初代松本白鸚)の次男。母方の祖父、初代中村吉右衛門の養子。48年中村萬之助を名乗り初舞台。66年2代目吉右衛門襲名。2011年人間国宝。17年文化功労者。初代は6代目尾上菊五郎と並び「菊吉」時代を築き、戦後歌舞伎界の頭領的存在。初代の俳名を冠した「秀山祭」を06年に始めた。兄は2代目白鸚。映像の代表作では時代劇「鬼平犯科帳」が有名。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請