横審は横綱・白鵬に対して「注意」決議を継続 7月の名古屋場所の結果を見て最終判断

白鵬
白鵬
リモート会見する横審の矢野弘典委員長(左)と日本相撲協会の芝田山広報部長(日本相撲協会提供)
リモート会見する横審の矢野弘典委員長(左)と日本相撲協会の芝田山広報部長(日本相撲協会提供)

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)が定例会合を29日に都内で開き、5場所連続休場中の横綱・白鵬(36)=宮城野=について、昨年11月場所後に決議した「注意」を継続。7月の名古屋場所の結果を見て最終判断するとの意見でまとまった。注意は「引退勧告」に次ぐ重さ。

 リモート会見した矢野弘典委員長は「厳しい意見も出たが、今回は注意の決議を継続する」と明かした。同委員長は「理由は3つ。1つは1月場所は新型コロナウイルスに感染しての休場。2つめは3月場所は2日間のみだったが、出場の意欲を見せたこと。3つめは『7月場所で進退を懸ける』と明言していること」と話した。

 進退を懸けると明言したことについては、横審が八角理事長(元横綱・北勝海)を通じて、白鵬サイドに確認したという。矢野委員長は「しっかりとした覚悟を持って、7月に臨むということを確認できた」と述べた。

白鵬
リモート会見する横審の矢野弘典委員長(左)と日本相撲協会の芝田山広報部長(日本相撲協会提供)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請