元大関・前の山の清水和一さんが死去 76歳

スポーツ報知
 

 日本相撲協会が29日、先代高田川親方(元大関・前の山)の清水和一さんが今月11日に多臓器不全のため死去したと発表した。76歳だった。告別式はすでに家族葬にて執り行われた。

 大阪府北河内郡庭窪村(現在の守口市)出身。高砂部屋に入門し、1961年春場所に初土俵を踏んだ。65年九州で新十両。66年秋場所、新入幕。70年名古屋場所後に大関昇進した。1974年3月に現役を引退し、年寄「高田川」を襲名。同年4月に高砂部屋から独立し、高田川部屋を新設した。得意は左四つ、寄り切り、突き出し。幕内通算成績(46場所)は343勝305敗34休。殊勲賞3回、敢闘賞2回、金星1個。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請