中村吉右衛門、28日夜に体調不良で救急搬送「療養中です」と関係者

スポーツ報知
中村吉右衛門

 歌舞伎俳優の中村吉右衛門(76)が28日夜、都内のホテルで体調不良を訴え、病院に救急搬送されたことが29日、分かった。一部では心肺停止とも報じられているが、関係者はスポーツ報知の取材に「病院で療養中です」と語った。

 松竹は歌舞伎座「三月大歌舞伎」の千秋楽(29日)の第3部「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」を休演すると発表。松本幸四郎(48)が代役として石川五右衛門役を勤める。幸四郎が演じていた真柴久吉は中村鴈治郎(62)が勤める。吉右衛門は1月にも体調不良で休演している。

 ◆中村 吉右衛門(なかむら・きちえもん)1944年5月22日、東京都生まれ。76歳。屋号は播磨屋。8代目松本幸四郎(初代松本白鸚)の次男。母方の祖父、初代中村吉右衛門の養子。48年中村萬之助を名乗り初舞台。66年2代目吉右衛門襲名。11年人間国宝。初代は6代目尾上菊五郎と並び「菊吉」時代を築き、戦後歌舞伎界の頭領的存在。初代の俳名を冠した「秀山祭」を2006年に始めた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×