【高松宮記念】浜中のレシステンシアは2着 負傷の武豊の代打騎乗は実らず

スポーツ報知
2着のレシステンシア(左)

◆第51回高松宮記念・G1(3月28日、中京競馬場・芝1200メートル=18頭立て)

 スプリント王を決定する春のG1シリーズの開幕戦は、馬場渋化のタフなコンディションで行われ、川田将雅騎手が手綱を執った2番人気のダノンスマッシュ(牡6歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)がゴール前の大接戦を制し、前走の香港スプリントG1勝ちに続くG1連勝を飾った。ロードカナロアも13年の高松宮記念を制しており、父子制覇となった。国内重賞はこれで通算7勝目。勝ち時計は1分9秒2(重)。

 1番人気のレシステンシア(浜中俊騎手)は首差の2着。3番人気のインディチャンプ(福永祐一騎手)は、さらに首差の3着だった。

 浜中俊騎手(レシステンシア=2着)「馬は落ち着きがあり、雰囲気が良かったです。スタートは五分に出ましたが、行く馬が多くて控える形に。それでもためが利きましたし、直線も伸びてくれています。勝ち馬にさらにうまく乗られました。距離は問題ありません。チャンスをもらったのに結果が出せず残念です」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×