【巨人】9回打ち切りで引き分け~開幕カード3連勝ならず

8回2死一、二塁、右前適時打を放ち石井琢朗コーチ(右)とグータッチをする梶谷隆幸)(カメラ・中島 傑)
8回2死一、二塁、右前適時打を放ち石井琢朗コーチ(右)とグータッチをする梶谷隆幸)(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ 巨人1―1DeNA(28日・東京ドーム)

 巨人は9回同点に終わり、開幕カード3連勝とはならなかった。

 先発の今村信貴は初回、2本の二塁打で1点を奪われ、先制を許した。その後7回までは4安打無失点で抑えて打線の援護を待った。

 その打線は相手先発の平良の前に5回まで無安打無得点。6回に先頭の大城卓三が左中間二塁打を放ったが、得点には結びつけられなかった。

 1点が遠かったが8回に、2四球などで一、二塁のチャンスから、梶谷隆幸の右前適時打で同点に追いついた。

 それでもDeNA投手陣の前に散発4安打に抑え込まれ追加点は奪えなかった。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請