【鹿島】圧巻5発大勝、セットプレーから3点!MOMは負傷から復活2得点のストライカー

スポーツ報知
鹿島の先発布陣

◆ルヴァン杯▽1次リーグ第2節 福岡1―5鹿島(27日・ベスト電器スタジアム)

 鹿島は5―1で福岡に圧勝した。負傷から復帰後初先発となったFW上田綺世がCKをニアで合わせて先制すると、前半28分には再びCKからMF荒木遼太郎がボレーシュートをたたき込み追加点。同35分には上田が強烈なシュートを突き刺して試合を決定づけた。

 後半にはスルーパスに抜け出したFWエヴェラウドが角度のないところからネットを揺らし、途中出場のMF広瀬陸斗もFKからゴールをマーク。1点は与えたものの、試合内容でも相手を圧倒して大会2連勝とした。

 採点と寸評は以下の通り。

ザーゴ監督【6・5】選手個々の長所が際立つ。失点は頂けないが。リーグ戦の借りはリーグ戦で

GKクォンスンテ【6・0】今季初出場。勝ったことに意味がある。失点場面はノーチャンス

DF常本佳吾【6・0】可能性感じる90分。一歩目を出す判断が他選手より速く、攻守両面で余計にスピーディーに感じられる

DF犬飼智也【6・0】キャプテンとしてプレー。出場時間は無失点、ピンチもほぼなし。左腕の腕章も似合っていた。ワン将

DF関川郁万【5・5】失点には直接関与せずも、我慢の時間帯で我慢したかった。やっぱり三国は苦手そう

DF永戸勝也【7・0】ゴールが生まれた3本のセットプレーは全て彼が獲得。うち1本はキッカーとして上田の頭に合わせアシストマーク

MF舩橋佑【6・5】意表を突くCKでアシスト。ミスもあったが、その後の素早い切り替えの方が目立った。落ち着いてはいるが、決して控えめではない

MFレオシルバ【6・5】スルーパスでアシスト。ミスもあったが、その後の素早い切り替えの方が目立った。落ち着いてはいないが、決して慌ててはいない

MF荒木遼太郎【6・5】下がりながらの圧巻ボレーで追加点。絶好調の勢いが、GKの股の下をくぐらせた

MF白崎凌兵【6・5】白崎―安西ライン時もそうだったが、縦関係を組むSBの推進力・可動域・潜在能力を引き出す力がある

FWエヴェラウド【7・0】角度のないところから左足でパサッと揺らす追加点。交代でピッチを離れる時のお辞儀の角度はペッコリ90度

FW上田綺世【7・0】柔と剛の合わせ技で2得点。そのまま福岡に残ってもらって、強豪アルゼンチン相手のプレーも見てみたいものです。MOM

MF遠藤康【6・0】後半18分IN。時間帯もあって中4枚、しかもそのうち1人は広瀬の状況のFKで、ピンポイント・お見事・そこ狙うか普通キックで広瀬弾アシスト

MF広瀬陸斗【6・0】後半18分IN。右のMFで出場。オプションのテストだったか。FKを頭で沈めて追加点

MF松村優太【5・5】後半18分IN。1点差リードの展開であのプレーなら及第点だが。もっと破天荒でいい

DF林尚輝【6・0】後半25分IN。プロデビュー戦。前への強さは感じた

FW染野唯月【6・0】後半26分IN。積極性、貪欲性を見せてシュート2本

谷本涼主審【6・5】文明の利器いらずの的確ジャッジング

※平均5・5~6・0点。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ

サッカー

×