【DeNA】田中俊太、セ開幕戦記録6打点 昨季6打点の男が古巣・巨人に強烈恩返し

スポーツ報知
3回2死一、三塁、中前適時打を放つ田中俊

◆JERAセ・リーグ 巨人8x―7DeNA(26日・東京ドーム)

 大車輪の活躍で古巣の脅威になった。新加入の田中俊が、いきなり3安打6打点。昨季わずか6打点だった男が、開幕戦のリーグ打点新記録を樹立した。試合には敗れたが、孤軍奮闘の打撃に「みんな(好機で)回してくれたので、結果的にかえせて打点になって良かった」とうなずいた。

 初回に3点を先制され一方的な展開になりかけたが、2回に菅野から中犠飛、3回にも中前適時打。エースとの対戦に「すごいピッチャーだと思っていたので、こうやって対戦できるのはすごいうれしい。今後につながる」と自信を得た。9回には、東海大の同級生・中川から一時同点となる左翼への2点適時打。「試合で(打席に)立つのは初めてなので、どういう球が来るか分からない中で、しっかり打ちにいけて良かった」と喜んだ。

 新天地での躍動に巨人ベンチも驚きだった。戦前から警戒する選手の一人に名前を挙げていた巨人・原監督は「敵ながらね、大したもんですよね。いっそうこれから、もっとマークを強くしないといけない。格上げ人事だね」と絶賛。打席に入ると球場全体から大きな拍手も巻き起こり、俊太も「こうやってまた違うチームでも、東京Dでプレーできるのはすごいうれしかった」と感謝した。

 「しっかり仕事をして、1打席1打席気持ちも入っていた。いいところで仕事をしてくれた」と三浦監督。外国人不在の“和シンガン打線”に、心強いピースが加わった。(安藤 宏太)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請