福岡国際マラソン終了に瀬古氏「すごく寂しい」 4度優勝で真髄学んだ

スポーツ報知
瀬古利彦氏

 日本陸連は26日、福岡国際マラソンが12月5日の第75回大会を最後に終了することを発表した。世界の主流が市民ランナーとエリートによる大都市マラソンへと移行する中、有力選手の招へいや経済的にも長く厳しい状況が続いたことなどを理由とし、この日の理事会で承認された。

 日本の陸上界の発展、強化に大きく貢献してきたエリートマラソン。昨年10月には世界陸連から「ヘリテージ(歴史遺産)」にも選出。1947年に「金栗賞朝日マラソン」として熊本でスタートし、五輪や世界選手権の代表選考レースとして行われてきた。59年の第13回大会以降、福岡での開催が定着し、74年の第28回大会から現在の名称となった。70年代から80年代にかけては、瀬古利彦や宗茂、猛の双子の兄弟らが名勝負を繰り広げた。

 日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダー(64)は書面を通じてコメントを発表した。以下、全文。

 「私は4回優勝させていただいて、福岡国際マラソンに育ててもらったという自負もあるので、この大会がなくなってしまうと私自身の歴史もなくなってしまうような気がして、すごく寂しいです。我々の年代のマラソン選手で福岡国際を知らない人はいないでしょう。海外の選手も、福岡国際は世界一を決めるレースだと思っていたと思います。福岡国際の歴史がそのまま世界のマラソンの歴史だったとも言えます。

 5回出場した中で特に思い出に残るのは、モスクワオリンピック代表の座もかかった1979年の、宗茂・猛兄弟と3人で競って平和台陸上競技場に入った大会。40キロから一度は宗猛さん、茂さんに置いていかれて「もう負けたな」と思ったけれど、あきらめずに粘ったら追いついて優勝できた劇的な展開でした。あきらめてはいけないという『マラソンの真髄』を覚えたこのレースの経験が、後にもずっと繋がりました。

 指導者としても、エスビー食品の監督を務めていた2003年の大会で国近友昭が優勝してくれて、自分が育てた選手を初めてオリンピックのマラソン代表にさせることができた印象深い大会でした。日本選手3人が2時間7分台で入ったそのレースの展開は、今でも鮮明に覚えています」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請