12月の第75回大会で福岡国際マラソンに幕 統合はなく代表選考レースは早急に協議

スポーツ報知
昨年の大会の様子

 日本陸連は26日、福岡国際マラソンが12月5日の第75回大会を最後に終了することを発表した。世界の主流が市民ランナーとエリートによる大都市マラソンへと移行する中、有力選手の招へいや経済的にも長く厳しい状況が続いたことなどを理由とし、この日の理事会で承認された。

 オンラインでの会見に出席した尾県貢専務理事は「運営状況、今後の見通しを踏まえて、主催各社で協議した結果、継続は困難であるとの結論に達し、75回大会を持って締めくくることを決定しました。主催者や日本陸連にとっても非常に重要な大会に幕を下ろすことは大変残念」とコメント。2月に鈴木健吾(富士通)が日本新を樹立したびわ湖毎日は、今年の第76回を最後に滋賀県での開催を終了。今後は大阪マラソンと統合されるが、福岡国際については後継大会はない。

 日本の陸上界の発展、強化に大きく貢献してきたエリートマラソン。昨年10月には世界陸連から「ヘリテージ(歴史遺産)」にも選出。1947年に「金栗賞朝日マラソン」として熊本でスタートし、五輪や世界選手権の代表選考レースとして行われてきた。59年の第13回大会以降、福岡での開催が定着し、74年の第28回大会から現在の名称となった。70年代から80年代にかけては、瀬古利彦や宗茂、猛の双子の兄弟らが名勝負を繰り広げた。

 世界新も2度マークされるなど、高速コースとしても有名。一方で、後継大会候補とされた「福岡マラソン」はコースのほとんどが海に面している。風などの気象条件が整いづらく、現時点では折り返しではなく福岡~糸島のワンウェーであることなどの点から統合は見送られた。

 五輪や世界陸上の選考レースの1つとして重要な位置にあったレースだが、補完大会については未定。尾県専務理事は「これまで以上の選考ができるマラソンの体系化を図りたい。強化を交えながら、春から夏にかけて新しい選考を考えたい」と早急に対応するつもりだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請