【楽天】さとう宗幸が開幕エール「ルーキーの早川くんが本当に楽しみ」

楽天の優勝を期待したシンガー・ソングライターのさとう宗幸
楽天の優勝を期待したシンガー・ソングライターのさとう宗幸

 今日3月26日、ついにプロ野球の2021年シーズンが開幕する。楽天はホームで日本ハムを迎え撃つ。仙台在住でシンガー・ソングライターのさとう宗幸(72)がインタビューに応じ、楽天の13年以来となるリーグ優勝を期待した。(聞き手・高橋 宏磁)

 ―2006年3月のホーム開幕戦では国歌を独唱されるなど、球団創設時から節目で大事な役目を担われてきました。熱烈な楽天ファンとしても知られています。

 「願わくは日本一だけど、とりあえずは強敵の多いパ・リーグで優勝することが大きな目標ですね。3位に入ってクライマックスシリーズに進出するということじゃなくてね」

 ―今年は田中将大投手が復帰し先発陣は層が厚くなった。

 「強力な先発陣がそろいましたね。本当に欲しかった左の先発で、ルーキーの早川投手がオープン戦でもいいピッチングをしてくれている。涌井さんもいますし、岸さんも調子が良さそう。あとは打線で浅村さんを筆頭に、長距離を打てる打者が力を発揮してくれたらね。小技ができる選手はそろっていますから。イーグルスの場合は投打ともに、シーズン途中で失速してしまうからね。まずは、涌井さん、マー君と開幕からポンポンと勝って欲しいね。日本ハムだから、そんなに侮れないチームだとは思いますけどね」

 ―今年のチームで特に応援したい選手は?

 「マー君は別格として、やはり早川くんかな。(昨年まで)東京六大学でのプレーを見ていて、プロでも通用すると思っていましたからね。本当に楽しみです。オープン戦は若い選手の力試しという部分もありますけど、左であれだけの投球ができますからね。知的なところも感じます。一流どころも、早川くんの球に対応するまでは時間がかかるんじゃないですか。マー君はメジャーに行く前も今もランナーを背負ってからの闘志が変わらないですね。あとは、ベテランにも頑張って欲しいですね。藤田一也さんとか、銀次さんとか」

 ◆さとう 宗幸(さとう・むねゆき)本名は佐藤宗幸。1949年1月25日、岐阜県生まれ。72歳。2歳の時、宮城・古川市(現・大崎市)に移る。東北学院大卒。78年「青葉城恋唄」が大ヒットし、同年の紅白歌合戦に初出場。現在は仙台市を拠点に活動し「宗さん」の愛称で親しまれている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請