すごい(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、今週で関西圏の3場開催=激務な日々がひとまず終わりを告げます。本当に長かった、と振り返りたいけど、最終週はG1も組み込まれていて、最も忙しくなる。ということで、今週まで許してくださいな、木曜恒例の前振り省略。来週からはしっかりと書かせていただきますので…。

 ということで、本題へ。今日から2歳馬情報を中心にいきましょう。少し余談ですが、今日の栗東で松下厩舎の2歳馬取材を行ったんですが、松下調教師に「今日、入ってくるんですよ」と第一弾として教えてもらったのが【ヴァラダムドラー(牝、父ジャスタウェイ、母バラダセール)】。このお母さんを見て、ピンとくる方も多いかもしれませんが、兄にサトノフラッグ、姉にサトノレイナスを持つ勢いのある母系です。詳しい話は今日の内容をまとめてからにしたいと思いますが、今年のラインアップはなかなかですよ。

 その松下調教師の「師匠」にあたるのが矢作調教師。今年の2歳馬更新、一発目は矢作厩舎にしたいと思います。当ブログ、または紙面の記事などでも「矢作厩舎史上最高のラインアップ」という言葉を何度も紹介してきましたが、その顔ぶれを見て、う~ん、納得です。一言で「すごい」です。

 「まずはこの馬からだろ」と切り出されたのが【サンセットクラウド(牡、父ディープインパクト、母ロードクロサイト)】です。ご存じ、3冠馬コントレイルの全弟です。この馬、矢作調教師から「マイラーっぽい」と聞いていたんですが、その印象に変化があったようです。「この前見たとき、コントレイルに大分似てきたな、と。絞れてきたから、余計にそういう風に見えてくるようになったのかもしれないけど」と説明してくれました。この変化、もちろんポジティブにとらえている感じ。デビュー時期などは今後の状態を見ながらになると思いますし、偉大な兄を持つゆえに注目されるんでしょうが、まだまだ追いかけていきたいと思います。

 続いては【ファエヴァーダーリーングの19(牡、父ディープインパクト)】。こちらは昨夏の函館でレコード勝ちしたモンファボリの半弟、というよりも、昨年のセレクト1歳セールにて、ダノックスに4億円という高額で落札されたことが印象に残っている方も多いんじゃないでしょうか。「当然、馬はいいです。(セレクトでは)横から見てもいい馬で、幅もあった」と指摘します。現在の育成も順調な様子。早めも視野に入れつつも、少しテンションが高い面があるようで、「その辺をよく見ていきたい」とのこと。慎重に見極めつつの、使い出しになりそうです。

 セレクト1歳セールといえば、1億9000万円の高値がついた【キャンプロックの19(牡、父ディープインパクト)】も印象に残りましたね。5月生まれで成長が遅い印象があったようなんですが、「追いついてきた。ストライドが大きくて、可動域が広いね。成長すれば変わりそうな感じがあります」。当ブログの読者の方ならご存じかと思いますが、ワタクシ大好きなんですよね、最近の成長を感じさせる言葉。お母さんが仏重賞勝ち馬という血統的な下地もありますし、注目したい一頭です。

 あと、牝馬で気になったのは【ジェニサの19(牝、父ディープインパクト)】です。こちらのオーナーは広崎利洋HD。「非常にいい馬です。とても期待している」と実に歯切れのいい言葉が飛び出します。「桜花賞を目指すべき馬だと思っています」と口にした後、「もっと距離は長い方がいいかもしれませんけどね」と続く。これ、絶対能力への信頼の高さに他ならないと感じました。うん、いい感じでした。

 今日はディープ産駒だけでまとめようと思っていたけど、ディープ産駒だけでも入りきらない。まだまだ、書きたい馬がいっぱいいるんです。ということで、ひとまずPART2へ続く。最後に、やっぱり今年のラインアップすごいですわ。

 最後に3歳馬情報。こちらも「すごい」ラインアップを最近聞いた友道厩舎では武豊Jのケガにより、【ヨーホーレイク(牡、父ディープインパクト)】の皐月賞が岩田望J、【アドマイヤザーゲ(牡、父ドゥラメンテ)】のアーリントンCが池添Jとのコンビになりました。今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請