【高木豊・セパ順位予想】中日は大野雄が2カード目回って貯金侮れない

高木豊氏
高木豊氏

 2021年のプロ野球がいよいよ、26日に開幕します。スポーツ報知では毎年恒例のセ・パ両リーグの順位を評論家陣に占ってもらいました。

 * * *

 【セ】〈1〉巨人〈2〉阪神〈3〉中日〈4〉広島〈5〉DeNA〈6〉ヤクルト

 【パ】〈1〉楽天〈2〉ロッテ〈3〉ソフトバンク〈4〉西武〈5〉オリックス〈6〉日本ハム

 * * *

 セは巨人と阪神が双璧。投手力はスアレスが残った阪神が上かもしれない。ただ巨人はミスが少ない。阪神はエラーや見えないミスが多い。巨人は経験値の高い選手も多く、近年の対戦成績でも負け越している阪神が、巨人を上回るのは難しい。侮れないのは中日。大野雄が2カード目に回ったことで、エースとの対戦が避けられ貯金をつくれそうだ。

 パは田中将と早川が加入した楽天が有利。2人で23~25勝はいくと思うが、この数字は大きい。ロッテは足を絡めながらいい点の取り方をしているし、投手はそろっている。ソフトバンクは千賀、柳田と投打の柱が出遅れた。勤続疲労を抱える選手が多く、不安材料になるのではないか。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請