聖火リレー、澤穂希さんは参加断念 第1走者の「なでしこジャパン」は佐々木則夫監督ら16人参加 

澤穂希さん
澤穂希さん

 東京五輪の聖火リレーは25日、福島・Jヴィレッジでグランドスタートを迎える。第1走者で2011年サッカー女子W杯優勝の「なでしこジャパン」の監督を務めた佐々木則夫氏(62)が24日、都内で会見。同大会MVPだった主将の澤穂希さん(42)について「三半規管のコンディションを崩しているため、聖火リレーを断念することになった」と明かした。なでしこジャパンは佐々木監督を含め16人の構成となる。

 佐々木監督は聖火リレーに臨むにあたり「2011年の女子W杯では、スポーツの力が評価されたと思う。(聖火リレーの第一走者として)復興五輪にもつながり、名誉として選手ともども感謝しています。大変な五輪になるかと思いますが、日本人としての気質を全うし、東京五輪を成功させるスタートの一助になれば」と語った。

 聖火リレーは福島県から全国47都道府県を121日間かけてまわり、7月23日に東京・国立競技場の開会式で点火されるまで約1万人のランナーが聖火をつなぐことになる。なお海外からの入国制限の関係で参加ができなかった熊谷紗希(30)=リヨン=は「聖火リレーに参加できないことは残念ですが、五輪に向けて最高の準備を続けて行きたい。コロナが収束し、無事に五輪が開催されることを願っています」とコメントを寄せた。

 第1走者として、グランドスタートに参加するなでしこジャパンのメンバーは以下の通り。

 ▽佐々木則夫、宇津木瑠美、丸山桂里奈、近賀ゆかり、高瀬愛実、鮫島彩、上尾野辺めぐみ、大野忍、福元美穂、岩清水梓、阪口夢穂、山郷のぞみ、海堀あゆみ、安藤梢、矢野喬子、宮間あや

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請