【広島】2軍戦・5回3失点の森下暢仁「直球の質は悪くなかった」相手の大野雄には「素晴らしい投手」

スポーツ報知
ウエスタン・リーグ広島戦(ナゴヤ)で、4回に三好を遊飛に打ち取る森下暢仁

◆ウエスタン・リーグ 中日―広島(23日・ナゴヤ球場)

 広島・森下暢仁投手(23)が2軍戦に先発し5回7安打3失点でシーズン前、最後の実戦を終えた。

 比較的球速が出にくいナゴヤ球場のスピードガンで最速148キロを計測。4回までは走者を出しながら粘っていたが、5回に溝脇の2点適時三塁打、福田の適時打で3点を失った。

 森下は「球が高めに浮いてしっかり投げきれなかった」と反省しながら「直球でファウルも取れたし(直球の)質も悪くなかった」。登板が予想される30日の阪神戦(マツダ)での先発に向け、最終調整を振り返った。

 昨季最終盤まで最優秀防御率のタイトルを争った中日・大野雄との投げ合いに「素晴らしい投手。シーズンに入って投げ合うこともあるので、負けないようにしたい」と闘志を燃やした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請